がんは不治の病ではなくなった

がんは不治の病ではなくなった
がんは不治の病ではなくなった

がんは不治の病ではなくなった

最先端医療の世界は日ごとに進歩しています。
今までは「不治の病」代表のように思われていた「がん」も、早期発見、早期治療によって完治が出来る病気になってきました。
特に女性特有のがんで、発見が遅れがちだった子宮頸がんもワクチンが出来て予防に効果が出てきているようです。
子宮頸がんワクチンに関しては副作用など問題点も多いのですが、アメリカの研究では1度の接種で効果は期待できるとの報告もありますので、より安全で安心して利用することが出来るようになるのもそう遠い未来のことではないかもしれません。
子宮頸がんだけではなく、ほかのがん治療もここ数年で大きな進歩を遂げています。
手術で主な腫瘍を切除して化学療法を行うのが今までの治療法でした。
年齢や体力、また腫瘍の場所など、手術が出来ない患者にとって希望の薄い治療法でしたが、今では切らない治療法も当たり前に行われるようになってきました。
通院でのがん治療は患者にも家族にも負担が少ないので続けやすい治療ではないでしょうか。
神戸市に出来た最新のがん治療センターでは、小さな個室が用意されて、日帰りで治療を受けて帰宅することが出来ます。
今ではこのように治療法も進化し、治療薬も飛躍的に良いものが現れてきていますので「がん」になっても恐れることはないでしょう。
治療法が新しくなって、対応出来る患者の幅も広がったとはいえ、やはり早期発見、早期治療が一番大切なポイントです。
常日頃から自分の体調管理に気をつけて、自分の身体のことは誰よりも知っているという状況を作っておかなくてはいけません。
会社などに勤めていると健康診断を受ける機会があります。
このような機会に検査項目を追加して受診することも大切です。
検査項目を追加すると個人負担になることが多いので、その点に関しては確認をしてからにしましょう。
個人の負担で検査項目を追加する時は会社の担当者にその旨を了承してもらっておくと、今後の対応も楽に進むかもしれませんので必ず確認をしましょう。
個人経営者や法人に勤めていない人は自己管理しかありません。
毎年春などに医療機関から健康診断の告知などがありますので、このような機会を利用するのも良いのではないでしょうか。

健康・医療や医療。きちんと整理されているこのサイトを一度覗いて下さい☆

Copyright (C)2016がんは不治の病ではなくなった.All rights reserved.